コレステロール値を基準値まで下げる食事方法や食材について

コレステロールを下げるには食事や運動など根本的な生活の改善が必要になります。

コレステロールを下げるのに一番大切なことは毎日の食事です。正しい食事療法を取り入れることで、コレステロール値を下げて基準値に近づけ、中性脂肪を減らすことにもつなげてくれます。

食事療法で重要なことは自分のできる範囲でコレステロールを下げる食品を積極的に取り入れいくことです。特に野菜や魚がコレステロールを下げる鍵となります。

野菜の中で、特にコレステロールを下げてくれる食材として、キャベツやブロッコリーが挙げられます。キャベツやブロッコリーにはコレステロールの数値を直接下げてくれる効果がある「SMCS」が含まれているからです。

SMCSがコレステロールを下げる仕組みとして、偏った食生活によって増えてしまったコレステロールをSMCSがコレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化させてくれ、小腸に分泌され、体外へ排出してくれます。この仕組みによってコレステロール値を下げてくれるのです。

魚もコレステロールを下げてくれる食材ですが、その中でも青魚に含まれているDHAやEPAがコレステロールを下げるのに効果を発揮してくれます。主にあじやいわしなどの青魚に多く含まれているDHAやEPAを摂取することによって、動脈硬化の原因となるコレステロールを減らすことができます。

また、身体の中には悪玉コレステロールを分解する酵素が存在します。ですが、その働きは中性脂肪の上昇によって弱まってしまいます。DHAやEPAは血中の中性脂肪値を下げる効果があり、悪玉コレステロールを分解する酵素の働きを保ってくれます。

ところが、DHAやEPAは体内で合成される分では十分な量を確保することができないので食事から積極的に摂る必要があります。調理方法にポイントがあり、熱を加えないこと、酸化させない調理方法で摂取することが大切です。

調理方法としてマグロ、いわし、ぶり、サバ、さんまなどの青魚の刺身が一番です。刺身が苦手な場合や生魚は保存が利かないのと料理するのに時間がかかり毎日摂取するのが大変です。

そんな時に役立つのがサプリメントです。http://脂肪肝サプリおすすめ.xyz/などのサプリメントなら保存も利くし、持ち歩くにもかさばらないのでどこで飲めます。

加熱処理をしていないので、効果的にDHAやEPAを手軽に摂取することが出来ます。DHAやEPAの酸化を防いでくれるビタミンEやアスタキサンチンと言う酸化を防ぐ成分が入っているものを選びます。

実は、中性脂肪は空腹状態だと肝臓で合成されなくなったり、抑制されます。空腹状態というのはエネルギーが外部から摂取されていない状態なので、肝臓はエネルギー不足を感じている状態です。

そこで、溜まってしまった中性脂肪がエネルギー源として使おうとするので、空腹感を感じさせることがコレステロールを下げることにもつなげてくれます。

コレステロールを下げる食材やサプリメントを毎日継続して摂取するとともに、空腹を感じさせ溜まった中性脂肪をエネルギー源として使う時間を作ることが、コレステロール値を正常値にまで整えてくれる効果を発揮してくれます。

カテゴリー: 肝臓の健康 パーマリンク